自動車 騒音

エンジン関係

エンジン関係

騒音がクルマのパーツの中で出ている原因と言えば、何を差し置いてもまずエンジンがそれになるでしょう。エンジンはクルマが走る原動力になっているわけですから、これが無ければクルマは走ることが出来ません。昔の馬車ならいざ知らず、エンジンは生き物では無く機械でありますから大きな音を発生させるのは当然のことであります。

 

 

ただし例外として今のエコカーやハイブリッドカーではそうしたことはあまりなくなっていますが、それを差し引いてもクルマのテクノロジーの進歩はエンジンのテクノロジーの進歩もいっしょにして来た歴史がありますので、大きな音が出るようなエンジンが多かったのもまた事実です。F1をはじめとしてクルマのエンジンは甲高いものがあったり、逆に低いものがあったりしますが、そのF1で有名になったフェラーリのパーツにはそうしたF1のテクノロジーが使われており、街中で走っているフェラーリを見かけると甲高いエンジン音が遠くまで聞こえることがほとんどです。

 

 

そのようにエンジンのパーツ、それから排気関係のパーツがいちばん騒音を生み出す原因にもなっていますし、普通のマフラー以外のスポーツマフラーや触媒の無いマフラーも同じです。

エンジン関係関連ページ

足回り関係
内装関係

ホーム RSS購読 サイトマップ